幼児~中学生ぐらいの男の子の子育てやお仕置きについて、めぐが考えたり調べたりしたことを書いています。

menu

めぐのお仕置きダイアリー

「予防罰」「メンテナンス」とは?

定期的に行われる「予防罰(予備罰)」「メンテナンス・スパンキング」について今日は話してみましょう。

読者さんからのコメントでも以前でてきたいたのですが、これまではほとんど触れていませんでした。というのも、ダメだったからお尻が真っ赤になるといった、「罪(というと違和感がありますが)→ 罰」の流れがあり、それがセットになっているという考えがおそらく一般的ですから。今回のお話はその反対なのです。

何か悪いことをして、翌日から毎晩同じ時間にお尻を叩いてもらう、罰として1ヵ月間 毎週浣腸してもらうことになるというのは、従来のお仕置き≒罰です。こういった定期的に行われるものをメンテナンス○○○○と呼んだりします。それがお尻叩きの場合、メンテナンススパンキングと言われるということですね。当分の間、毎晩のお仕置きや一週間に一度のお仕置きが確定している状態ですから、1回のお仕置きが終わったとしても次の心配がすぐにやってきます。素直に受けられないと延長となるかもしれませんし、子どもにとっては避けたい罰ですよね(その期間中いい子でいることで、いい子の習慣づけになるという要素も入っていますね)。これの応用が今回のお話です。

 

では反対というのはどういうことでしょうか。

「罪 → 罰」の流れのお話をしました。その反対ですので「罰 → 罪」となります。もう少し詳しく書くと、罰を与えることで罪を発生させないようにする ということです。虫歯になってから歯医者に行ってたら遅いから、虫歯にならないように定期的に歯医者さんに見てもらう。事故にならないように定期的に車を整備する。みたいなイメージです。「見つかっていないからといって悪いことをしていないとは限らない」というような考え方も見え隠れしますが、放っておくとどうせ悪いことをしちゃうから、その前にお尻を真っ赤にしてあげることで、悪いことをしようと思ったときに思いだして自制できるように・・・という想いが込められています。

虫歯になってしまうと大変だから、定期検診があって歯石を取ってもらうことで、虫歯にならないようにする。とても厳しいお仕置きを受けることの無いように定期的にメンテナンスしてあげるということですね。そういった保護者の願いが反映されていると私は感じています。そういった意味で<予防罰>という名称を付けてみました。そのまま<メンテナンス>と称してもよさそうです。

という事情で、今のところ、予防罰もしくはメンテナンスと呼ぶことにしています。

 

子どもからすると、何も悪いことをしていなくても、罰を受けなければならないのでなかなか納得がいかないとは思います。「罪 → 罰」だと説明がつかないんですね。<反対>の考え方で設けられているわけですから。大きな怪我でなくい小さな怪我で済む方が、親も子もずっといいですからね

 

以上が、「予防罰」「メンテナンス」って何? というお話でした。メンテナンスには前者と後者の二種類がある(そして今回の話題の中心は後者である)ことも確認できました。最後に少しだけ、その活用方法を話してみようと思います。

 

予防罰だらけの日常だと、何かとややこしいですし、日常のお仕置きとの区別もつかせにくくなります。ですので私は、月1回の定期的なメンテナンスを推奨します(採り入れる場合ですが)。これを基本に、半月に1回になったり2ヵ月に1回になったり季節ごとになったりと色んなバリエーションが生まれてくると思います。

まずは、それまでの行いを振り返ってみることから始めましょう。去年はどうだったか? 先月はどうだったか? そして、この先どのようになって欲しいか?・・・こういったことを踏まえて、予防罰の内容を考えていきます。効果を発揮させるためには、子どもにとってはそれなりに頑張らないといけないような内容が求められます。日頃のお仕置きと照らし合わせていい塩梅を探っていってください。先月甘く過ぎたなと感じた場合は来月厳しくすればいいですし、その反対ももちろんあります。3ヵ月ぐらいでだいたい定まってくるはずです。
 

なかには、悪い子だったり失敗してしまったりした時にどんな厳しい罰が待っているのかを体験させる機会となっている家庭もあると思います。これも、もっとも厳しい罰を月の初めに受けることで、1ヵ月ちゃんといい子でいられるようになるという期待ですね。

(ご近所の方や家庭教師の先生なども含めて)公開で実施される場合は、(予防罰を素直に受ける姿を見てもらうことで)「今月はこれだけ頑張るんだ!」という決意をみんなに示す機会だったり、どの程度の厳しいお仕置きまで耐えられるかを知ってもらう機会だったりするかもしれません。
 

メンテナンスにおいても「お尻叩き(スパンキング)」が基本になりますが、たとえば、小学生の男の子で、おちんちんやお尻を見せることを恥ずかしがってしまい保護者として困っているようなケースですと、月初めに、おちんちんやお尻を見てもらえる機会を作ってあげることはメンテナンスになりますよね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • 柊太
    • 2021年 10月 05日

    めぐみさん、初めまして!
    柊太と申します。
    以前からちょくちょくサイトは拝見させて貰っていたのですが、気になる記事が投稿されたので思わずコメントしてしまいました!

    予防罰とは厳密に違うかもしれませんが、僕は10歳の誕生日にパドルをプレゼントされました。
    「充分大きくなったし、これから悪いことをしたら手じゃなくて道具を使って叩くからね」とその場で実践として数発道具を使って叩かれたことがあります。
    初めての道具でのお仕置きは今まで以上に痛く、より一層気をつけようと意識したので今考えるとかなり効果がありましたねw
    駄文失礼しました、今後も応援してますので無理の範囲で続けて頂けるとありがたいです!!

    • ゆうた
    • 2021年 10月 06日

    めぐさん初めまして。
    予防罰、素晴らしい考え方だと思います!
    やはり「いけないこと」をしてから罰というサイクルになってしまうと、しばらく悪いことをせず、お仕置きの記憶が薄れてしまった時にとんでもなく悪いこと(悪質な嘘をつく、万引きetc…)をしてしまうんですよね〜
    ただ、お母様たちも「何もしていないから」といって数十回の尻叩きで済ませてしまう、予防罰がマンネリ化して子供の悪いこと防止にならないという面もあると思います。
    そこで、1.2ヶ月に一回程度、何もしてなくてもとても厳しいお仕置きをすることが重要かと思いました。(ケイン、パドルでしっかりお尻、お尻の穴叩き、おちんちんにお灸、外で片足コーナータイム等)
    もちろん、事前にしっかりと「悪い事をしなくなるようにだよ」と説明して、自主的にお仕置きを受けさせる事をしてからですよね〜。

    • めぐみ
    • 2021年 10月 06日

    柊太さん、ゆうたさん、はじめまして~。
     
    誕生日プレゼントでパドルって海外みたいですね^^
    そして実際に効果があったというご報告も!!
     
    よっぽど躾が行き届いていない限り1ヵ月ももたないですが、メンテナンスしてあげることで悪さを予防する効果は期待できますよね。
    たとえば毎月1日は成長記録の撮影、15日はメンテナンスと決まっているご家庭もあるかもしれませんね~。

    • 柊太
    • 2021年 10月 07日

    確かに海外みたいですねw
    もう少し詳しく書かせて頂くと、僕の住んでいた地域では2分の1成人式という風習がありました。10歳の誕生日(20歳の半分ということで)にいつもより少し豪華なお祝いをしたり、学校でも将来の夢や目標を発表する時間があったりというものでした。
    そんな2分の1成人式を終えて2~3日立ったところに叔母に「お祝いのプレゼントがあるからお家においで」と誘われたんです。

    僕は両親からだけでなく叔母からも貰えると聞いて二つ返事で叔母の家に遊びに行きました。
    何をくれるのか期待しながら座敷で待っていると箱を持った叔母がやってきました。
    中身は木でできた羽子板のようなもの、それより板の部分が細いもの2種類でした。なんの道具が分かっていない自分に叔母が一つ一つ説明してくれたんです。
    「あのね、柊太ももう10歳でしょう?2分の1成人式もやったしね、半分大人です。今後はお仕置きの方法も半分大人になります。今後は今までみたいに平手じゃなくて道具を使ってお尻を叩いていきます。もちろん姿勢もより大人なものに変えますからね、今日はこれから悪いことをしたらどんな風にお仕置きされるのか実践しましょうね」
    そう言って僕に服を脱ぐように指示しました。
    それまでズボンとパンツを脱ぎ、オーバーーザニーの体勢でのお仕置きだったのですが、その時から素っ裸にベントオーバーでの体勢のお仕置きに変わりました。
    叔母がさっきの道具を持ってきて、「悪いことをしたらこれで叩きます。逃げたり体勢を崩しても追加します。反省出来てなかったり、もっと悪いことをすると今度からはお尻の穴やおちんちんも叩きますからね」とその場で僕のお尻やお尻の穴、姿勢を変えさせておちんちんも叩かれました。その他の変更もその場で実践として教えて貰いながら行いました。

    僕にとって予防罰はこの時だけだったのですが、今までの手の感触とは違い無機質な痛みが当時はかなり怖かったのを覚えています。
    今思えば成長期兼ある程度分別がつく歳になった僕への予防罰だったのかなと思いここにコメントさせて頂きました。
    パドルが怖かったのとお仕置きの姿勢が恥ずかしく悪いことをしないようにしようと決心したのを覚えています。
    長文駄文失礼しました。

    • 芹弥
    • 2021年 10月 10日

    めぐみさん、柊太さん、ゆうたさんはじめまして
    芹弥といいます
    先日たまたまこのサイトを発見して、やっと今回の記事まで追いつきました。
    「予防罰-メンテナンス・スパンキング」
    なんほど〜と感心しました。
    子供の罪を未然に防ぐ手助けにも繋がりますよね!
    僕の家庭でも近いことが行われていたのですが、我が家のは予防罰というより完全にメンテナンス寄りでした。
    我が家は親戚で会社をやっていたので親戚が両隣に住んでいたのですが、締め支払いの関係から毎月最終日曜日に経理の女性陣が我が家に集まって事務作業や会議等を行っていました。
    その会議の中の議題の1つして僕のメンテナンスがあったんです。

    1つ目は成長記録の意味合いだったと思うのですが、集まった母・叔母・従姉妹達の前で素っ裸になりお尻やお尻の穴、おちんちんの状態を丁寧に確認され、写真に収めていくというものでした。皆さん遠慮なく確認、触診するのでなんというか実験動物のようで恥ずかしかったのを覚えています。

    2つ目お仕置きの見直しの時間で、お試しとしてお尻を叩かれる時間がありました。お尻、お尻の穴、おちんちんに区切ってそれぞれ実際に叩き、僕の反応や赤くなる具合を見て、我慢できる限界の強さや叩く際の適正な強さを把握し、来月のお仕置きを決めていくためのものでした。最後に何発叩き、どれくらい赤くなってどんな反応だったのかそれぞれ叩かれた場所にマジックで何発叩いたかを書き、叩いた所と僕の顔写真を撮って終了というものでした。

    このため毎週月末が近づくと震えていたように思います笑

    • fytoknkmtk
    • 2021年 10月 10日

    こんにちは。予防罰というのは、聞いたことない概念でしたね。
    予防罰をしているにもかかわらず悪いことをしてしまった時は、
    本当のお仕置きは、予防罰をとりれる前よりも厳しいお仕置きが行われるのでしょうか??
    当然、本当のお仕置きは予防罰よりは厳しくなると思われますが、
    予防罰自体も厳しそうなので、どうやって差をつけるかあまり想像がつきません。
    お仕置きの(たたかれたりする)回数や時間が厳しくなったり、
    ほかの方法(おちんちんペンペン、縛り、くすぐりなど)が取り入れられる
    のかなとも考えたりしました。

    芹弥さんの事例にもある、おちんちんを親戚中などからみられること自体
    かなり恥ずかしく厳しい罰になりますね。
    叩かれたりもまれたりしたらなおさらです。

    いずれにせよ行き過ぎは体罰になるので、注意が必要かなとも感じます。

    • めぐみ
    • 2021年 10月 13日

    fytoknkmtkさんは「くすぐり」がお気に入りですよね^^
    基本はお尻叩きでしょうから大きな違いは無いかもしれませんが、悪さの度合いによって強度は違ってきますよね。くわえて、「定期的に」「必ず」行われるというところに特徴があるので、その特性を活かした内容となることも多いかも知れません。
     
    芹弥さん、はじめまして。
    毎月1回、成長記録&お仕置きの見直しのタイミングがあったんですね。みんなで協力して実施することにも意味があったのかもしれませんね。叩かれた場所に油性マーカーで数字を書かれるのは確かに恥ずかしかったかもしれませんが、そのおかげで行き過ぎたお仕置きになることは無かったんだと思います。それらのお写真はその後、どのように活用されていたのかは気になるところですね。めぐりめぐって今は大きくなった芹弥さん本人の手元に返ってきていたり!?
     
    2分の1成人式の柊太さん、カワイイですね☆
    お仕置きの質を転換させるタイミングとして「あり!」だな~って思いました。学校種が変わるタイミングだとか、低学年 → 中学年 → 高学年とかいろいろなタイミングがありますが、そこに一つ追加できるなって。柊太さんは2種類のパドルのプレゼント(笑)がその象徴ですよね。こういった転換点をうまく活用するのも保護者の役割なんですよね。少し違う話題ですが、そんなことを考えさせてもらいました。

    • みれい
    • 2021年 10月 17日

    めぐみさんはじめまして!

    自分、最近おしりペンペンされました笑
    今どきされてる人がいないか検索したらこのページに、、、
    うちのまま、強すぎて逃げられないです

    • チヒロ
    • 2021年 10月 17日

    めぐみさん、柊太さん、ゆうたさん、芹弥さん、みれいさん、はじめまして。
    以前からこちらの記事を何度も見ておりますが、予防罰に対する考え方がとても共感できたので、コメントしました。

    実は我が家でも予防罰を定期的に行っています。
    うちには子どもが4人(小学6年生の娘、小学5年生の娘&息子、小学3年生の息子)いますが、隔週で素っ裸で過ごさなければいけない日を定めています。もちろん、その日はおしりペンペンや浣腸、性器を叩くなどの予防罰も実施しています。そのおかげで、娘たちはとても聞き分けのいい子に育っていますよ。

    ちなみにこれは我が家だけかもしれませんが、予防罰を実施する日は兄弟姉妹4人バラバラにしています。そもそも2人以上が同時にルール違反をするのはまれで、普通は単独でルール違反を犯すものですから、4人一緒でお仕置きをすると予防罰になりませんからね。

    それと1つ相談なのですが、高学年になったことで長女の体つきが大人びてきて、夫が予防罰の日は目のやり場に困ると言うようになったのです。夫はもう娘は2人とも聞き分けのいい子になったことだし、もう予防罰はしなくてもいいんじゃないかと言ってきますが、途中でやめてもいいのでしょうか?でも母親としては娘たちはまだまだ子どもに感じるんですよね。

    • 夕焼け
    • 2021年 10月 22日

    はじめまして。「予防罰」に当たるかどうか分からないのですが、毎朝子供のお尻を2~3回叩くのを日課にしている友人がいます。
    悪いことをしたときのお仕置きとは別で、今日もいい子でいなさい、勉強頑張ってきなさい、と軽くむちを入れてあげる感覚なんだそうです。

    初めてその話を聞かされて、私が驚いていると、友人は嫌がる息子くんで実演して見せてくれました。パンツをおろして膝に乗せて、右と左のお尻を一発ずつ、やや強めにピシャリピシャリ。これを学校に上がったばかりのころからほぼ毎日、ずっと続けてきたそうです。
    普段から素直で大人しい男の子で、友人の育て方がいいのだろうと思っていましたが、このときその理由が分かった気がしました。

    友人のお家はこういうことをよその人に知らせる方針ではないのですが、長く続けてるとどうしても慣れが出てきてしまうので、一回引きしめるために特に親しい私に公開することにした、と言ってました。
    彼女に指示されて写真も撮ったので、私のスマホには息子くんのおちんちん丸出し姿と、ママに赤い手形をつけられたお尻の画像が入っています(笑)。
    本人にとっては相当恥ずかしかったようで、毎朝のお尻ペンのたびに思い出しているらしく、友人は「あれから反抗的な態度がぐっと減った。見てもらってよかった」と喜んでいます。
    大きな定期イベントにするだけでなく、こんな風に日々の簡単なメンテナンスでも効果を上げられるみたいです。