こんばんは,めぐです。
今回は,ここ最近ずっと書きたいなぁと思ってた,「お尻の穴ペンペン」についてです。
これまで「おちんちんペンペン」については,ことあるごとに触れていたような気がするのですけれど,本トピックについては,今回が初めてではないでしょうか。
この「お尻の穴ペンペン」ってゆうコトバも,恐らく他ではほとんど出てきてないのでは?? なんて思いながら,少しずつ書いていきたいと思います。

そもそも,「お尻の穴ペンペン」って何のこと? ということから書いてみますと,言葉の通り,お尻の穴を叩くことです。
想定される状況としては,「おちんちんペンペン」とほとんど同じです。四つん這いやレッグアップの時に多く用いられて,お仕置きのメインというよりかは,主に補助的・追加的に行われるものと考えていただいて構いません。
手でというよりかは,いつものお尻叩きで用いられておりますヘアブラシなり何なりの道具でピシャリとします。普段のお尻叩きは横に叩くことが一般的ですが,「お尻の穴ペンペン」は,お尻の穴がターゲットですから,縦向け(お尻の割れ目にそって)の方が叩きやすくなります。
ただ,お尻を普通に叩かれるよりはるかにダメージが大きいですので,多用は禁物です。いつもより弱く,できるだけ少ない回数で叩いてあげて下さい。

ベントオーバーや四つん這いの際には,「お尻叩きの姿勢(お尻を高く突き出させる)」で取り上げたように,お尻の穴がみえるぐらいに,ちゃんとお尻を突き出させます。そうでないと叩きにくいですから。しっかりお尻叩きを受けられる姿勢・ポーズを取らないと,お尻叩きすら始まりません。
“お尻の穴が見えるのが当たり前”的なニュアンスで,「ほら,もっと。お尻の穴が見えないでしょう?」って感じで姿勢を矯正してあげます。ちゃんとできるまで,おちんんちんやお尻を叩いて基本姿勢を体に覚えさせます。
これがあっての,ベントオーバーや四つん這いですから,レッグアップの時はもちろんのこと,お尻の穴は常に丸出しになっており外からすぐに叩けるところにあります。だから,細い笞を用意する必要はなくて,常用の(叩く面積が広い)道具をそのまま使うことができます。お尻の穴とその周辺を叩いてあげるってことになりますかね。
例えば,私の好きなポーズに“椅子の座面に足(膝)を,床に手(手の平)をつかせる”ってゆう,ベンドオーバーと四つん這いを併用したような姿勢があったりするのですが,それだと余計にお尻の穴が叩きやすくなっちゃいますね☆ あとこの姿勢だと,いつ叩かれるか分かりにくいっていう特長も活かすことができそうです。

「おちんちんペンペン」について書いた内容とかぶっちゃいますけど,この,お尻叩きの姿勢がちゃんと取れてなかったりする時にも,お尻の穴に教えてあげることで,ちゃんとお尻を突き出すポーズが身についていくと思います。子どもにとっては,いつお尻の穴にムチが飛んでくるか分からないっていう恐怖もいいお仕置きになりますよね。

(お尻叩きの)お仕置き中に反抗的だったりした時には追加罰(「追加罰」を参照のこと)が課せられますが,これにも「お尻の穴ペンペン」を用いることができます。次にお尻の穴を叩くことを宣言するか,何も言わずにいきなりお尻の穴をピシャンとするかは,保護者の判断になります。先ほども書きましたように,お尻よりもずっと痛いですので,いい罰になります。

お仕置きのメインに「お尻の穴ペンペン」をもってくる方法もあります。ダメージが大きいですので,普段のお尻叩きより少ない回数で,同等の反省を促すことが期待できます。
また,普段はお尻叩きで済ましていたけれど,いつも以上に悪い子だった時,などにも有用です。普通のお尻叩きの姿勢でお尻の穴は十分に剥き出しにされているのに,いじわるなお母様なら,叩きやすいように,さらにお尻の穴を自分の手で拡げさせるように命じたりもできますね。
お尻の穴を10発ほど叩かれることすら我慢できない子もいるかと思います。
タイミングを計って,上手にお仕置きに取り入れましょう。

「おちんちんぺんぺん」ほどはインパクトはないにしても,同様に,「お尻の穴にムチですよ」「お尻の穴叩いて欲しいの?」って掛け声は,いい警告になることだろうと思います。

いつもながら,若干の妄想めぐが出てきた感じでしたが,かなり注意して手加減しながらだと,結構いい方法なのではないかなぁと思っているのですけれど。