幼児~中学生ぐらいの男の子の子育てやお仕置きについて、めぐが考えたり調べたりしたことを書いています。

menu

めぐのお仕置きダイアリー

“いわゆるお仕置き”までの時間

へんなタイトルですが,今回も参考にさせていただいているサイトさんから拝借させていただきました。
“いわゆるお仕置き”っていうのは,しっかりした懲らしめのお仕置きのことで,以下に「お仕置きの風景」さんから貼り付けさせていただきます。

——
日常の小さなお仕置きでは直らない場合や,いたずらが過ぎた場合など,子どもにしっかり反省させて,今後の振る舞いを矯正させるために行う,特別なお仕置きです。

特別と書きましたが,お仕置きに特別も日常もないのですが,便宜上特別のお仕置きと表記することにします。このお仕置きは,週に一回から月に一回ぐらいと,子どもや家庭によって異なりますが,子どもは厳しいお仕置きを日常のなかで忘れてしまい,言いつけを守らなくなることが往々にしてあります。よって,最低でも先ほどあげた頻度で特別なお仕置きを行ってあげることが必要となるのです。

では特別なお仕置きとは具体的には何なのでしょうか。まず,上までのように,その場その場のお仕置きではないということです。お仕置きを行う場所も,子ども部屋や寝室,といった決まった場所です。大きな悪いことや悪いことの積み重ねのお仕置きですから,当然内容は子どもにとって辛いものとなります。しかし,何も特別な道具を使って叩いたりするということではありません。お仕置きの内容は,「お仕置きのことば」で紹介されていたもののコンビネーションに過ぎません。昔の折檻ではないのです。愛情を持って躾けてあげましょう。
——

特別っていうと,とてもキツイお仕置きな感じがするけど,便宜上とのことなので,とりあえず,毎日のお仕置きとは別っていうイメージでいいかなって思ってます。なので,そういう理解で話を進めます。・・・といっても今回は,そのうちの一点「お仕置きの宣告から実施までの時間」について,取り上げてみようと思います。

——
はじめはお仕置きの宣告からです。「日曜日は厳しいお仕置きが待っていますよ」「帰ってきたらお仕置きですからね」「お夕食の前にお仕置きですからね,おトイレへ行ってから,自分のお部屋で待っていなさい」といったように,時間を利用した懲らしめから始まります。
——
とあります。他の項目でも,
——
「家に帰ったらお仕置きですからね」と宣告すると,子どもは大人しくなり,帰宅するまでの時間も反省の時間になります
——
なんて書かれています。ちょっと日常と特別が混同してる感じがしますが,例としてはこんなのです。

つまり,おいたが過ぎた時や,悪さが重なった場合は,お仕置きに時間差を利用することができるってことなのですよぉ。日常のお仕置きでは,そうは言ってられませんので,“お尻だし”みたいな簡易罰で済ませてしまうんだけど,週1から月1回ぐらいは,キツイお仕置きが必要みたい。その時使われる一種のメソッドみたいなものの一つなのかな。

確かにお仕置きを宣言されると,反省モードになりますよね。それが一週間前とかだったりすると,ずっと反省時間になっちゃいますよね(というか,それ自体もお仕置きの内なのですが,ここではわかりやすく,別ってことで書いてます)。でも子どもってすぐ忘れるから(笑),ちょくちょく匂わせて,反省させるって感じかな。お仕置きの日・時刻が近づくにつれて,お仕置きを受ける準備も整ってくるわけですね。

「家に帰ったらお仕置きですからね」っていうのも,一日だけですが,結構な反省タイムになりますよね。おねしょしちゃったり,寝坊しちゃったりで,登校前にお尻ペンペンされて,帰ってからもお仕置き(本番)が待ってる,みたいな。これは結構日常カモ(笑)

あとは,来客にあわせてお仕置き時間をセッティングするってのも考えられますね。お仕置きを見られるっていうのは,とても恥ずかしいものですので,いい罰になると思います。“○○さんにお仕置きを見られる”っていう心配も出てきて,大変になりますよねー。大抵は,親戚か母親の友人ですよね。

まー,とにかく週1から月1回ぐらいは,厳しいお仕置きをしてあげないと,すぐ悪い子になっちゃう(お仕置きを忘れる)ってことと,時間罰を利用したお仕置きはかなり効果的なのでは?? ということで,今回はこれまでです。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (24)

    • 鉄腕アトム
    • 2018年 9月 17日

    はじめまして。
    いつも楽しく読ませて頂いてます。
     
    皆さんすごい体験してらっしゃいますね。
     
    皆さんの書き込みでも書かれてるように、僕もおねしょのクセがありました。
    小学生になってからは、おねしょしても取りあえず着替えて学校に行きましたが、
    母から「帰ったらお仕置きだからね、寄り道しちゃダメだよ」って言われてました。
    その日は1日中憂鬱で、帰ってからのお仕置きの事で頭の中が一杯でしたね。
     
    家に帰ると、母の友人や近所のおばさん達が来てることもあり、とても恥ずかしかったです。
    今になって思い返してみると、僕の帰宅時間に合わせて来てたのかもわかりませんね。
     
    いきなり僕の体験談を書かせてもらいましたが、これからもよろしくお願いします。

    • megumi
    • 2018年 9月 17日

    鉄腕アトムさん,はじめまして。
    楽しんで読んでくださってるとのこと,ありがとうございます♪♪
     
    “寄り道ダメ”っていうのは,私も書こうと思っていたのですけど,忘れちゃってました。
    ゆぅーっくり歩いて帰るしかないですよね(笑) 遅いと,さらに叱られるって感じで・・・大変。
     
    ちょっと前までは,ご近所づきあいが今よりもっとあったので,お母様のご友人,近所のおば様なんかは,よく行ったり来たりしてたのではないでしょうか。
    一日中反省タイムで,お家に帰ったら,公開お仕置きというご家庭も結構あったのでは??と思ったりもしますね。お仕置きの理由が“おねしょ”っていうのも,とても恥ずかしかったことだと思います。でも,仕方ないですよねー(笑)
     
    体験談,歓迎ですよぉ。これからもよろしくお願いしますね☆

    • ゴーヤー
    • 2018年 9月 17日

    初めまして。様々な記事を読み不覚にも‘興奮’してしまいました(苦笑)。時間差でのお仕置きというのは身に覚えが有り過ぎるので共感せずにはいられませんでした。確かにこれは子供心にも恐怖心を植え付けられたものです。こんな心理状態だとフレディとかジェイソンが大したこと無い様に見えるのが恐いです(笑)。
     
    1つ、幾ら考えても分らない事が有るのでお尋ね致します。カテゴリーの中に有る“おちんちんぺんぺん”とはどんな行為なんでしょうか。お手数をお掛け致しますが、ご回答を宜しくお願い申し上げます。それと、機会が有れば体験談/目撃談も語りたいと考えております。今後四六四九御願い致します。

    • みつお
    • 2018年 9月 17日

    めぐみさん、おはようございます。
    最近忙しくてなかなか見れないのですが、更新されてましたね。
    “お仕置き”までの時間ですか。確かに効果的ですね。
    僕の場合も、おねしょをしてから海に行くまでの時間はすごく嫌でした。
    これも特別なお仕置きだったのでしょうかね。
    いつもと違う場所で違う形でお仕置きするのは、お仕置きにメリハリをつける意味でもいいかも分かりませんね。
    あと、時々はいつもと違う人(親戚の叔母さんや姉妹、従姉妹、友人など)にお仕置きしてもらうのも特別なお仕置きになりそうですね。
    めぐみさん、忙しいところいつもありがとうございます。
    これからもがんばってくださいね。

    • megumi
    • 2018年 9月 17日

    ゴーヤーさん,はじめまして。
    みつおさん,こんばんはー。
     
    やはり効果抜群(?)ってことですね。だって,ずっと反省時間ですものねー。悪い子はしっかり反省しないとね☆
     
    いつもと違う場所で違う形でお仕置きっていうのも,時々はいいですねぇ。いつもと違う人からのお仕置きもアリですねぇ。でも,お仕置きは,よくその子のことを分かってる人じゃないと難しいから,限られてくるカモですね。
     
    おちんちんペンペンは,皆様よく反応してくださります(笑)。これまでの投稿や私のコメントでも,ちょっとずつ触れていたのですけれど,文字通り,おちんちんをピシャリと叩くことです。お尻用の道具できつく叩くってことはないのです。お尻と違って弱いですからね。叩きすぎると,私がお医者さんに怒られるってことにもなりかねないですし。
    お仕置き前のお立たせの時をはじめ,おねしょの時など,イロイロなケースが考えられますね。
    あまり強くない程度で,ねちねちと(?)叩くイメージでしょうかねぇ・・・。でも,緩急をつけて,時々ピシッとってのも必要って気もしてます。
    私が創ったコトバなんですけど,ハッキリした様式を想定してるワケじゃないですので,なんとまぁいい加減な説明となってしまってますね・・・。
    でも,そんな感じです。
     
    ここでは,イロイロな方々が,自分の体験をはじめとして,興味深い・鋭い・勉強になるコメントを下さっています。
    これからもよろしくお願いしますね。

    • 新人主婦
    • 2018年 9月 17日

    めぐみさんおはようございますー。
    そうですね、お仕置きを宣告されてから実行されるまでの時間は、ずっと反省タイムになりますからね。効果あるでしょうね。
     
    話しがそれますが、悪いことした時につねられた事ってなかったですか?
    これもお仕置きになるのか分かりませんが、私はよく、ほっぺたや手の甲・太股
    なんかをつねられてました。「この手で悪いことしたのかー」みたいに言われながら
    つねられました。これがかなり痛いんですよ。
    しばらくはつねられた跡が赤く残ってて、いやでした。
     
    兄弟はおちんちんもつねられてた事がありましたね。かなり痛そうにしてたから、かわいそうだなって思ってました。でも悪いことしたんだから仕方ないですよね。
     
    ではまた、よろしくです。

    • ゴーヤー
    • 2018年 9月 17日

    めぐみ様
    ご丁寧な解説、バリショィエ・スパシーバ!(露:どうもありがとうございました)御蔭様でどういう事か理解出来ました。しかし、生物学上非常に危険な行為だという事も明らかになりました。このНРにはお仕置きに際して役立つ情報が有ります。これを見たら何かが変わるかも知れません。
     
    追伸:私の母親は、私が小さい頃からとてつもなく厳しいお仕置きをしてきました。しかし、恥ずかしがる事に対しては寛大でした。何故なら、“恥ずかしがる様子が可愛いから”だそうです。
     
    長文失礼致しました。

    • ゴーヤー
    • 2018年 9月 17日

    大変失礼致しました(汗) НРのアドレスを載せてませんでした
    http://www.geocities.jp/jyara66/index02.html

    • カズ
    • 2018年 9月 17日

    めぐみさん、はじめまして!
     
    このブログの内容、私と同じような体験をした方のコメントもあって
    すごく興味持ちました。
     
    私も小学校時代に経験があります。
     
    初めてお仕置きされたのは小学校5年のときで、当時激しくなっていた
    スカート捲くりの罰としてのお仕置きでした。
     
    朝の会のとき先生に前に出て来るように言われ、スカートを捲くられた
    女子と同じように恥ずかしい思いをしなさいと言われ、ズボンとパンツを
    脱ぐように言われました。
     
    初めてだったため自分では脱げず、しびれを切らした先生に脱がされ、
    ズボンとパンツは足首のところまで下ろされました。
     
    先生は女子の恥ずかしい思いが分かるまでしばらくそのまま立っていなさいと
    言って、1時間目の授業中クラス全員の前でおちんちんを出したまま立たされ
    ました。授業が終わると先生が女子に前に来てよくおちんちんを見てあげなさい
    と言ったので、女子が私の周りに集まっておちんちんを間近で見られました。
     
    さすがにこのお仕置きの効果は高く、その後男子のスカート捲くりはほとんど
    なくなりました。

    • 通りすがり
    • 2018年 9月 17日

    めぐみ様
    カズ様
    はじめまして。
     
    突然ですが、その先生は男の先生ですか女の先生ですか?

    • megumi
    • 2018年 9月 17日

    新人主婦さん,ゴーヤーさん,こんばんは。
    カズさん,はじめまして。お返事が遅くなってしまいました。ゴメンナサイ。
     
    つねられたコトですか? ありますよぉ。手とかほっぺとか,イロイロ。
    おちんちんは日頃柔らかいから,結構きつくつねることになるのかなぁ。
    でもでも私はつねるの苦手(笑)だから,叩くの。
     
    恥ずかしがる男の子は,そりゃもうカワイイですよ。だけど,子どもなのに恥ずかしがっている,男の子なのにいつまでも恥ずかしがっている,みたいなことがあれば,キチンと躾けていってあげないと,やっぱりダメだと思うんですよねー。
     
    「愛情のあるお尻たたき」さんは,既に目を通させていただいております。
    “お仕置きに際して役立つ情報”って,てっきり,このサイトを褒めてくださってるのだと思っちゃってました(笑)
     
    はじめましてのカズさんは,小学校5年生の時に,学校でパンツを降ろした状態でのお立たせのお仕置きを経験されたのですね。その後,いたずらがかなり減ったということですので,なかなか効果的なお仕置きだったことがうかがえますね。
    初めてのお仕置きが5年生ということですので,お仕置きの免疫的なものも余りなかったんじゃないでしょうか。その状況で,教室内おちんちん丸出しで1時間は,相当キツイかったと思います。お一人で受けられたのかな?
     
    ちょっと話変わりますけど,小さい頃から,しっかり躾けていると,男の子はそこまで抵抗しなくなるし,おちんちんが珍しくない環境だと,女の子も別に凝視したりしないのでしょうけど,なかなか難しいですよねー。
     
    スカートめくりは,男女ともで流行ってた遊びなので,それだけで,これだけのお仕置きはちょっと可哀想かなと思いますが,悪い子にはお仕置きが必要ですから,しょうがないといえばしょうがないですよね。

    • のりき
    • 2018年 9月 17日

    お久し振りです。
    ちょくちょく、拝見しています。
     
    めぐみさんのコメントを見て思ったのですが、
     
    >ちょっと話変わりますけど,小さい頃から,しっかり躾けていると,男の子はそこまで抵抗しなくなるし,おちんちんが珍しくない環境だと,女の子も別に凝視したりしないのでしょうけど,なかなか難しいですよねー。
     
    これは、お仕置きに関係なく、日常からの行動が大事なのではないでしょうか?
     
    例えば、小学校の保健室での健康診断(体重測定など)のころから、
    男子は、パンツ無しでのすっぽんぽん。
    女子は、パンツを履いている。
    これを日常化にしてしまえば、いいのかと思います。
     
    お仕置きの時だけなら、女子にとっても、
    滅多に見られない男子のすっぽんぽんを見る事になるので、
    どうしても、凝視したり、意識する環境になるのではと・・。
     
    日常から、男子には、女子の前でもすっぽんぽんでいるのを
    やらさないと、慣れることは無いのではと思います。
    いつも、女子の前で下半身裸だと、慣れることにより、
    恥かしさは感じなくなるのでは・・。
     
    あと、おちんちんペンペンも、読みました。
    確かに、叩かれると、お尻や頭を叩かれるより、重く響く鈍痛があります。
    でも、実は、それも、案外、一瞬で終わるんですよ。
    同お仕置きなら、ペンペンも加えて、お灸とか、
    持続するお仕置きのほうが、効果ありかと思いますよ。
    この場合だと、ペンペンをされてる間が、「いわゆるお仕置きまでの間」に
    なりますね。

    • megumi
    • 2018年 9月 17日

    ちょっとぶりですね,のりきさん♪
     
    男の子のすっぽんぽんを日常化ですかぁ。なるほど。
    めぐの考えとしては,お仕置きの時はお尻を叩くわけで,もちろんそれは剥き出しのお尻に与えられるものですから,自然と,お尻もおちんちんも丸出しになりますので(当然,お立たせもありますよね),何でもない時から裸ん坊にさせるってトコまでいかなくてもいいのかな?って。
    “お仕置き=パンツを脱ぐことになる”っていうような図式ができたり??
     
    だから,日常的にすっぽんぽんにしないまでも,日常的にしっかりお仕置きしてあげるってことが大事なんじゃないかなって思うの。その子のお家でも他のことろでもね。
    きょうだいが居たら,男の子の裸も見慣れるし,近所や親戚に男の子が居ても同じですよね。
    男の子は,悪い子だったら服を着させてもらえないし,女の子にとっては,普通にそんな男の子が周りにいるので,裸はそう珍しいことじゃないって感じですかね。
     
    と,こんな風に考えてみました☆

    • 鉄腕アトム
    • 2018年 9月 17日

    めぐみさん、おはようございます。
     
    皆様、イロイロな体験&考え方を持ってらっしゃるんですね。
    前に書いたように、僕がおねしょをした時は、パンツも脱がされておしりを叩かれてました。
    学校から帰ってくると、母の友人が居たりするんですよね。
    めったに来ないのに、帰ってからお仕置きするよと宣告された日に限って、家に帰ったら来てるんですよ。
    その友人たちにしても、いつも僕の裸を見てるから特に凝視される事はなかったけど、たまに娘も一緒についてきてる事があって、その母が「OOちゃんも悪いことしたらこんなお仕置きするからね」みたいな事言ってた。
    その娘は目を大きく見開いてじっと見てたのを覚えてる。
     
    確かにめぐみさんの言われるとおり、日常ですっぽんぽんにしないまでも、お仕置きの時は素っ裸になるのが当たり前、というのが自然になれば、男の子の裸も珍しくなくなるかも・・・・・・ですね。

    • カズ
    • 2018年 9月 17日

    めぐみさん、こんばんわ
     
    コメントありがとうございました。 体験談の続きです。
     
    スカートめくりのお仕置きはたままたその日の朝、私が女子のスカートをめくって
    いる現場を先生に見られてしまったので、私だけがお仕置きを受けることになり、
    パンツを脱がされて立たされました。
     
    ちなみに通りすがりさんから質問がありましたが、担任の先生は30代の女の
    先生です。
     
    確かにこのお仕置きの後、私だけでなく他の男子もスカートめくりはやらなく
    なったので、お仕置きの効果は高かったように思います。
     
    その後何度か先生に怒られて立たされたことはあったのですが、そのときは
    パンツを脱がされることはありませんでし、他の生徒もパンツを脱がされる
    ことはありませんでした。
     
    これで安心した訳ではなかったのですが、しばらくしてまた先生に怒られたときに、
    パンツを脱がせれておちんちんを出したまま立たされてました。
     
    2度もパンツを脱がされたことで、この日以降、私が怒られて立たされるときには、
    パンツを脱がされることが多くなりました。
     
    めぐみさんも書かれていますが、まさに“お仕置き=パンツを脱ぐことになる”
    ということが先生含めたクラス全体の暗黙の了解になってしまいました。

    • megumi
    • 2018年 9月 17日

    こんばんは,鉄腕アトムさん,カズさん。
     
    イロイロな体験&考え方をもたれている方が,参加してくださっているっていいですよね。いい刺激や勉強にもなりますし,感謝感謝なのです。
     
    あ,以前も書いていただいたトピックですね。
    お仕置きの日に限ってお客様が来られているっていう,お仕置きを受ける側にしたら,それだけでダメージ受けちゃいますよね。んー,お母様の友人の間で,他の家のお仕置きの情報交換をされたりっていうことがあるカモですね。
    娘さんということは,近い年齢ということですので,慣れていないと相当恥ずかしいって感じちゃいますよね。
     
    あとは,お仕置き中に,来客があるっていう場合も十分あり得ますよねー。お尻叩き中だったら,膝から降ろして立たせておくなり,ベンドオーバーだったらそのままの格好で待たせておくなりして,出迎えることになると思うのですけど,子どもにしてみれば,誰が来てて,部屋まで来る人なのか??とかって大変!(しかも,お尻もおちんちんも丸出しのままだし。)
    続きは,お客様の前で反省させられることになるから,それもいい罰になりますよね☆
    お仕置きを受ける側は,誰がき来ていようと関係ないですから,恥ずかしがったり嫌がったりしたら,もちろん追加罰♪
     
    カズさんは,一人で,パンツを降ろした状態でのお立たせのお仕置きを受けられたのですね。可愛そうに・・・。まぁでも,悪いことしたのだし何も言えないですけどね。
    お仕置きの後は,直接的に罰を受けなかった他の男子もスカートめくりをしなくなったということは,カズさんの言われるように,効果的なお仕置きだったってことになりますね。やっぱり,パンツを脱がせるのは効果的ってことかぁ。
     
    その後,立たされるときはパンツを脱がされるのが増えたって・・・,先生も厳しいですよねー。
    わたしは,自分が体験してないからだと思うのですけれど,学校でパンツまで脱がせるのはどうかなって感じちゃうんですよね。でも,効果的ってことなんですよね・・・。
    しかししかし,私は学校の先生じゃないから,とりあえず考えないことにしようなかな(笑)
     
    お仕置きはパンツを脱いでっていうのが普通のものとして,クラス全体の暗黙の了解となったっていうのは興味深いです。

    • 新人主婦
    • 2018年 9月 17日

    めぐみさん おはようございます。
     
    前に「裸にさせることはお仕置きじゃない」と書かれてましたけど、こういった体験談を読んでると、男の子への罰はおちんちん丸出しの素っ裸にさせることが効果的かもわかりませんね。
    ただ、海水浴場なんかで、お母さんに裸で遊ばされてる男の子は必ずしもお仕置きではないですからね。
    男の子のお仕置きは、何が一番効果的なんでしょうね。
     
    今日は短いですがこの辺で。

    • megumi
    • 2018年 9月 17日

    こんばんは,新人主婦さん。
     
    裸にさせるっていうのは,言ってみればプラスアルファみたいなものなのかな。
    今回は,スカートめくり等のいたずらの内容にリンクする形で“おちんちん丸出し”で立たされていますよね。学校等では,何でもかんでも素っ裸ってことは無いので,(あまり好きじゃないコトバですけれど)ケースバイケース的なのでしょうね。
     
    そうそう,海水浴とかの裸は,基本的にお仕置きとは関係ないです。男の子が裸で遊ぶのは当たり前のことですしねー。
    お仕置きになる要素としては,お尻ペンペン直後でのお遊びの時に,周りの人に,真っ赤なお尻を見られてしまう,みたいなこともあり得ますよね。
     
    優しいときは優しく,厳しいときは厳しくっていうのが,基本ですよね。
    何が一番か,となると難しいですけれど・・・これ!っていうのは無いんじゃないかなぁって思ってます。難しいですよね。効果的というのは,子どもへのダメージを与えるというよりも,どれだけ反省できて,どれだけ良い子になれるように援助してあげたかってことなんですよね。んー,やっぱ答え出そうにないです・・・。今のところ。
    まとまりのない文章で申し訳ないです・・・。

    • ゴーヤー
    • 2018年 9月 17日

    また来ちゃいましたw
    皆様の見解を読む内に、やはり解剖学的観点からして危険な事だけは絶対してはならないという事を学習しました。
     
    一つ思い出したのですが、お仕置きの際最初からお尻丸出しにせず、初めはパンツの上から叩いて段階的に懲罰するという手法が採られています、家では。これって今考えると本当に良いのか解せないです。これに関してはすぐ皮膚を晒す・絶対晒さない・途中から晒す 以上のЗ派が有るらしいですが何れも一長一短です。めぐさんはどう思われますか?
     それから、お仕置きは必ず平手打ちとは限らないですが、骨盤に響く物と出血の危険性が有る物はNGでしょう。(例:大き過ぎる布団叩き・細過ぎる木製の鞭)
     
    またまた取り留めのない事を書きましたが、皆様との意思疎通を楽しんでます(笑)

    • カズ
    • 2018年 9月 17日

    めぐみさん、こんばんわ
     
    家庭でのお仕置きと学校でのお仕置きは少し違うのかもしれませんね。
     
    お尻叩きのお仕置きはやはり痛い思いをさせることで反省させるのがメインで
    お尻をむき出しにするのは恥ずかしい思いをさせることが目的ではないよう
    に思います。
     
    学校でのお仕置きの場合は同級生の前で行われることから、どのようなお仕置き
    でもお仕置きされる生徒は恥ずかしい思いが強いように思います。
    また、痛い思いをさせるのにも学校では限界があると思います。
     
    私の担任の先生の場合、黒板の前や自分の席の横や廊下などに立たせること
    ことで生徒に反省させることにしていたようです。
     
    私がパンツを脱がされて2度立たされてから、先生は他の生徒のお仕置きのとき
    にも、今度やったらパンツ脱がして立たせるから、とか、パンツ脱がさないと反省
    できないのか、とか言って二度と同じことをしないように反省を促すことが多くなり
    ました。
     
    私も何度か同じように言われて立たされましたが、そのうちの何度かは本当に
    パンツを脱がされて立たされました。 
     
    単なる脅かしではなく本当にパンツを脱がすことを実行することで、パンツを脱
    がすぞという言葉の効果を持続させる意味があったようです。
     
    男の子はおちんちんを見られても恥ずかしがるんじゃないという話もありますが、クラスの女子の前でおちんちんやお尻を見られるのは本当に恥ずかしくて、
    実際何度も見られたのですが、最後まで慣れませんでした。
     
    ちなみに私の体験は今から数十年前の話で、今このようなお仕置きをしたら
    すぐに問題になっちゃうでしょうね。
     
    長くなりましたが、またコメントお待ちしてます。

    • megumi
    • 2018年 9月 17日

    こんばんは。ゴーヤーさん,かずさん。
     
    勉強されてますね。骨に響いたり出血したりというのは可愛そう過ぎますしね。そういうところに,肉体的に痛みを与えるお仕置きの限界がありますよね。保護者には,エスカレートし過ぎないようにコントロールする必要性・能力が求められるのだと思います。
     
    さて,お尻をはじめから露出させるか,段階的にか,露出させないか,という問題ですよね。あくまで,個人的ってことで考えてみますね。
    まず,お尻叩きは,安全性の視点からも,剥き出しのお尻に行うのが基本だと思ってます。ただ,お外だと難しいケースもあるかと。そんな時は,パンツやズボンの上から叩いてあげることにならざるを得ないのかな(ズボンの上からおちんちんをピシャリっていう方法もありますよね)。まーだんだん脱がせた方が,いい罰になるという考えも分からなくもないですが,ゴーヤーさんのコトバを借りると,めぐは“すぐ皮膚を晒す”派かなって感じです。
    だいいち,お仕置きでお尻を叩いてあげるのに,お尻を丸出しにしないっていう発想が,ちょっとわたしとは離れてるかな。(ちょっと過激??)
     
    カズさんは,みせしめ的お仕置きを受けられていたって捉えることもでしますよね。教室とかだと,そういう児童生徒がやっぱり必要になってくるのですねぇ(笑)
    そうなのですよねー。“お仕置き”を見られるというのは,どんな内容であっても恥ずかしいものですよね。
    おちんちんをクラスの皆に見られるのは,そう簡単に慣れるって感じではなさそうですものね。でもでも,恥ずかしがってる男の子はチョーカワイイのです☆
     
    学校でイロイロ問題になっちゃう現在こそ,家庭での躾がもっと大事になってくるのですよね。

    • ゴーヤー
    • 2018年 9月 17日

    やや久し振りです。 先日の質問に対するご返答は大変参考になりました。めぐさんと対話していると色々勉強になり、本当にありがたい限りです。
     
    赤裸々な話を敢えてしますが、私はお仕置き現役組で、最近母親からお仕置きされたばかりです。え?私は幾つかって?ご想像にお任せ致します。まぁそれは兎も角・・・・時々暴れない様にする為に手足をリボン/縄跳びの縄/荷造りに使う紐/電気コード/細いホース等で縛られる事が有ります。お仕置きまでの時間という事を考えると、これもれっきとした‘お仕置きまでの戦慄の空白時間’と言えるかもしれません。(←それでも暴れるというのは別の話)然も、“解けたら回数が増えるОrもっときつくなる”という宣告が精神にも縄を掛けているので効果覿面です。
     
    また懲りずに書きましたが、ここへ来る事をいつも楽しみにしています。

    • megumi
    • 2018年 9月 17日

    ゴーヤーさん,こんばんは。
     
    まだお仕置きされているのですねぇ・・・だから,お尻叩きの危険性なんかにも興味を持たれているのかなぁ。
    もちろん,お縛りの時間もお仕置きですよねー。縛られてる最中,そのまま放っておかれてる最中とかも。
     
    だけど,めぐみ的には,(“縛る”ということがお仕置きの一部もしくはそのものとなっている場合を除いて)“お縛り”は必要ないのでは??って思ってます。
     
    素直に反省してお仕置きを受けるのだったら,自分からすすんでお尻を出すものだし,暴れたり逃げたりってことは考えられないのです(言い過ぎですが,そういうつもりで居たいと思ってます)。
    (痛かったり熱かったりで,どうしても姿勢を崩してしまう場合には,縛ってあげてもいいかな。追加罰が増えちゃいますからねー。)
     
    痛くても,恥ずかしくても,自分からは逃げ出さないし,逃げ出せないってことを,しっかりと子どもに分からせてあげないとですよね。そういう風に躾けてあげる必要がありますよね☆ なんて思ってるめぐでした。

    • megumi
    • 2018年 9月 18日

    以前のコメントはここまでです。過去の順番がズレてしまいますので、返信・引用ボタンからは入られませんようお願いいたします。

カレンダー

2019年8月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031