幼児~中学生ぐらいの男の子の子育てやお仕置きについて、めぐが考えたり調べたりしたことを書いています。

menu

めぐのお仕置きダイアリー

私がお尻ペンペンされてた時は,パンツの上からか裸のお尻だったんだけど,どうやら,本当はむき出しのお尻を叩くみたい。「お仕置きの風景」の「スパンキング」(←お尻叩きのことね)の説明のところに書いてあった。
それを考えると,うちの親は(怖かったけど)甘かったのかな?って思っちゃったけど,お尻を丸出しにさせるのは,叩かれてるお尻の具合を見て,酷くなりすぎないようにするためなんだって。でも,パンツ一枚じゃあまり変わらないような気がするんだけど・・・。

あと,肉体的に痛みを与えるお仕置きは,エスカレートしやすく,限界がきやすいことから,羞恥罰を中心とした精神的な懲らしめが重要だって書いてあったから,うちでは安全のことも考えて(笑),お尻叩きは必ずむき出しのお尻にすることにします。可哀相かな?そんなことないよね一平くんのためだもんね。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • ゴーヤー
    • 2019年 4月 14日

    お仕置きに際しては安全第一 となれば丸出しにするのは女の子でも男の子でも
    不可欠な事。この時“誰も見てないから大丈夫”とでも言えば気休め程度にはなるでしょう。
    何? 何時の間にか家族/親類が見てた? 気付かない間に入ってきてたんでしょう(すっとぼけ

    安全第一は嘘ではないものの、真の目的は、可愛いお尻を生で見られる事です★
    本人に其れを伝えるかは分かりませんが。
    其れにしても、こう云う記事一つだけでもめぐさんの愛情が伝わってきます。
    一平君が羨ましいです。転生が有るなら来世は是非・・・・・・何でもありません←

    • めぐみ
    • 2019年 4月 15日

    ゴーヤーさん、嬉しいコメントありがとうございます。
      
    パンツやズボンの上からしか叩かないのは何らかの事情がある時だけで、お尻叩きの時はパンツを降ろす(もしくは脱がせる)のが原則だと思っています。理由は本文に書いてあるとおりです。そして、子どもが裸のお尻を出すことは恥ずかしいことでも何でもありません。他のところでも書いていますが(たとえば)、高学年ぐらいになってきて周囲の影響で恥ずかしい思いが少しあったとしても、基本的には「子どもなんだから恥ずかしくないの」ってスタンスです。ですので、“誰も見てないから”という気休めは慣れていない子向けかな~と感じました。検索をするときにGoogleを開くのと同じで、お尻叩きの時はパンツを降ろすのが当たり前なのですから。それがイヤならいい子でいなさいってことですよね^^
    この10年でほんの少しだけ考え方が過激になってきたかもしれませんが、いまの私はそんな風に捉えています。

カレンダー

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031